ホームへ戻る 取扱製品 会社概要 リンク集 お問合せ Go to English Page
 
 
◆ 真空内外電気接続部品
1) 超高真空対応カプトン絶縁被覆電線
 

特 徴

●     カプトン絶縁被覆仕様
●     超高真空対応
●     高放射線耐力
●     種類が豊富
 

ドイツAllectra社の真空用カプトン®絶縁被覆電線は、高真空・超高真空を利用する放射光、半導体、表面研究、表面加工など様々な分野で利用が可能です。
 
銅単線、銀メッキ銅単線、銀メッキ銅より線同軸線は、線径を豊富に取り揃えており、ツイストペア線、リボンケーブルもご利用いただけます。
また、温度測定用の カプトン絶縁被覆熱電対線カプトン絶縁被覆マンガニン単線 もご用意しています。

 

 超高真空対応カプトン絶縁被覆電線の特徴
 

銅単線

・高い放射線耐力
・高温に強い

・やや曲げにくい

銀メッキ銅単線

・耐酸化性
・耐高電圧

・やや曲げにくい

銀メッキ銅より線

・耐酸化性
・曲げやすい

・低い耐電圧

同軸線

・電気ノイズに強い
・高周波信号に適す

・高価格
・比較的曲げにくい

ツイストペア線

・電気ノイズに強い

・比較的曲げにくい

リボンケーブル

・D-sub接続に最適

・比較的曲げにくい

マンガニン単線

・低い熱伝導率

・高い低効率


 カプトン絶縁被覆仕様
 

仕 様

銅単線 a)
マンガニン単線

その他の線 b)

耐熱温度

260°C以下

短期間300°C可 c)

260°C以下

誘電率 (1kHz時)

~ 3.5

~ 3.1

絶縁耐力(乾燥状態)

135 kV/mm

135 kV/mm

誘電正接

0.0015

0.0015

真空度

超高真空、10-11 mbar

超高真空、10-11 mbar

放射線耐力

109 Rad = 107 Gy

107 Rad = 105 Gy d)

<備考>

a)浸着方法によるカプトン絶縁被覆です。
 
b)絶縁被覆は、カプトンフォイルを電線に巻き、PTFE材で留める方法によります。
 
c)260°C超の状態が100時間以上続く場合、カプトンの電気的なパラメーターが変わり、
 電線の寿命が短くなります。
 
d)電線を静止状態で使用した場合の耐力です。

 マンガニン単線の特性
 
マンガニンは、銅・マンガン・ニッケル(Cu:86%, Mn:12%, Ni:2%)の合金です。熱伝導率が低いため、特に低温環境における、抵抗温度計 による温度測定等に適しています。
 

温度 [ K ]

300

10

4

1

低効率 [ μΩ·m ]

0.43

0.39

0.38

0.38

熱伝導率 [ W / m·K ]

22

2

0.5

0.06

 
 
 カプトン絶縁被覆を剥がすためのアクセサリー
カプトン絶縁被覆を剥がすための絶縁被覆用「ストリッパー」と「カプトン溶媒材」をご用意しています。  
 
詳細は、「8)コネクター接続アクセサリー」の info および ストリッパー、カプトン溶媒材 をご覧ください。  
                                                                                                   
 
 
 
※ カプトン®は、米国デュポン社の登録商標です。

2010.11.22更新

 
 
 
有限会社ワイテック 〒201-0003 東京都狛江市和泉本町1-2-8
           ウィスタリア狛江ビル3F
  Tel:03-3480-9082 Fax:03-3480-9083
 
2018 © Vytek Ltd. All rights Reserved.